fc2ブログ

R.F.L.D./S.E.

3.11に生まれて
2010 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 02

魔法少女まどか★マギカ 第4話「奇跡も、魔法も、あるんだよ」感想


すんませんでしたーッ!
前のニュースで「小4の子にまどかを見せていい」
なんて言って、ほんとすんませんでしたーッッ!!


ボカしているとはいえ自殺の手口を見せるのはマズいっす!
「可能性を出しただけでアウトなんだよ!」ってヤツっす!
痙攣ビクビクの3話以上にリアルな面でヤバいっす!

やっぱり『まどか』は大人アニメです。

◆詳しいあらすじを『続き』に用意しました。気になる人はどうぞ。

◆ランキングに参戦しています。よかったら押してください。

関連記事
スポンサーサイト



放浪息子 第3話「ロミオとジュリエット ~Juliet and Romeo~」


放浪息子3話

ニットゥーザ様降臨

展開は第一話のようにオチのない話でした。

それにしても
・家に友達を呼べば女装が始まる
・友達の家に行けば女装されそうになる。
・女装した主人公に惚れる主人公姉の彼氏

セクロスが女装に置き換わったスクールデイズのようで
もはやこの作品はギャグの領域としか言えないです。

◆今期3話だけの順位

レベルE>>まどか>フラクタル>お兄ちゃん>ゴシック>IS>ゾンビ
>みつどもえ>>>メリー>放浪息子>フリージング≧ドラクラ

まぁ、次回への前振りだしこんなものかなぁ。

◆ランキングに参戦しています。よかったら押してください。

関連記事

フラクタル 第3話「グラニッツの村」


フラクタル3話

まさかの流血展開!

グラニッツ村の生活風景だけで終わると思ってたんだけどなぁ。
奇縁ともいうべきか。『まどか』と『フラクタル』は同じ道を選んでいた。
これは説教とか考慮しないで評価して行こうと思った。

それにしてもナゾなんだけどクレインはチューブ
(予想ではウィダーインゼリーみたいなもの?)しか口にしてないけど
「豆がほくほくする」とか食感の形容ができたのはナゼ?

◆あらすじ

主人公クレインとネッサはエンリ妹によってグラニッツ村へ拉致され
人質扱いにされる。そこでクレインは不自由ながらも
自らの力で生きようとする人々を見る。

ある日、飛行船に住民が荷物を積み込み始める。
クレインはエンリ兄に問いただすと
「『星祭り』(フラクタル特有の儀式)を邪魔しに行くのだ」という。

エンリ兄によって強引に連れ込まれたクレインと興味本位でもぐりこんだネッサ。
バイザーという星祭の影響を受けない装置を通してクレイン達が見たものは
僧院の老婆達が主導して頭上に光る三点の星によって人間の不安や
欲望を制御するというまるで人を機械のように扱うものであった。

そして目的を遂行するグラニッツ一家。
それは僧院の老婆達を殺害すること。
一家の機関銃と僧院の杖から出る光線との応酬で
一般人を巻き込んだ血みどろの異様な光景にクレインは嘔吐する。

そんな中、儀式の言葉とともにフリュネが姿を現し
儀式の中心にいた女の子の前に立つ。
その女の子はネッサに瓜二つでフリュネを「姉さん」と呼んだ。

3話終わり。

◆今期3話だけの順位

レベルE>>まどか>フラクタル>お兄ちゃん>ゴシック>IS>ゾンビ
>みつどもえ>>>メリー>フリージング≧ドラクラ

あとガンダムSEEDよりもよっぽどテロの異常性を表現できてると思う。
残念ながら血を流した時点でまどかよりは劣った。

◆ランキングに参戦しています。よかったら押してください。

関連記事

夢喰いメリー 第4話「夢喰いメリー」


夢喰いメリー4話

この感覚、正しく初期の『るろ剣』だあっ!

とくに熱血要素はあるけど最後の諦めの良い所が似てる。
ようやく基本的な流れが完成したと思ったら次回予告で崩れる予感が。
なんか助走が付いてきたとたんに石につまづいたって感じ。

◆あらすじ

夢喰いメリー4話夢喰いメリー4話

前回の夢魔を追い返した後、夢路はメリーの手伝いがしたいと申し出るが
あっさり却下され、メリーはまたどこかへいなくなった。

その後日、主人公・夢路の所属する文芸部員同士によるカラオケで
部長が文通している相手と会うことを夢路は知る。

その当日、家で野球ゲームをしてた夢路の部屋にメリーが乱入。
夢路の下宿する喫茶店のおやじさんに「お客さんだ」と呼ばれた
夢路は店に出るとなぜか部長がにいた。「すっぽかされた」と部長は自嘲するが、
急に立ち上がって別の携帯をイジる等、妙な行動をする部長の目にメリーのような
模様をみた夢路は部長の内側に夢魔がいると直感。
「相手からメールが来た」といって店をでた部長を追跡。

夢路の予想は的中。夢魔クリスに偶然に近い形でデイドリームを開かせ
部長を取り返そうとクリスと格闘するが太刀打ちできない。

そこに夢路を追ってきたメリーは夢路の真剣さに心惹かれ、
夢魔を現実から追い返すことを当面の目標に決めた。
一発クリスに見舞ったところでクリスは部長の世界へ帰っていこうとした。
クリスが消えかけたときに同じデイドリームにいた部長は目覚め
念願のクリスに会うことができた。

事件の後、メリーは夢路と同じ喫茶店に下宿が決定。
メリーはおやじさんが用意してたメイド服を押し付けられた。

ちなみに↑の事件中に勇魚がアニメオリジナルの千鶴と交友を深めてました。
4話おわり。

◆今期4話だけの評価

まどか>>メリー>IS

強いけど鼻につくイチカより夢路のほうがカッコよかった。

◆ランキングに参戦しています。よかったら押してください。

関連記事

◆ IS<インフィニット・ストラトス> 第4話「決戦!クラス対抗戦(リーグマッチ)」 感想 ◆


ISインフィニットストラトス4話

一夏がマジでムカつく

と思うほど主人公補正が酷い印象を持った回です。
説明もないのでホント後付後付のオンパレードにしか見えませんでした。
次点でイチカに一言言う為だけにIS装備無しでグラウンドに出てきたホーキもですが、
あれも敵への陽動作戦の内だ!(キリッ)だったら尚ムカツク。
一番スカッとしたのは敵ISがイチカをブン殴ったシーンです。

◆あらすじ

イチカファンのリーダー戦は途中でナゾの敵ISがやってきて中断になりました。
シェルターやらバリアで一夏と鳳だけしか戦えなくなるとチフユ姉が
コーヒーに砂糖と間違えて塩を入れるほど学園はパニックに陥りました。

で、イチカファンは共同戦線を張ることになりました。
イチカは唯一の武器ユキヒラ弐型の最大技(2話で使用したヤツよりも強いらしい)を
使ったけど敵ISの腕一本を切り落としただけで逆に殴られて危機一髪。
と思ったらそれは策略で外に出られなかったはずのセシリアが敵ISの胴体を
狙撃して仕留めた・・・と思ったらまだ生きていてビーム砲をイチカに撃って
イチカもビームのど真ん中に突進したところで戦闘シーンは終わり。

ビームに突っ込んだのにイチカは火傷もなく気絶で済みました。
で、あとはファンセシリアホーキで恋の鞘当イチャイチャイチャして、
先生達が敵ISの残骸を調べて「これどこ所属のISだ?」という疑問を残して終了。

◆今期4話だけの評価

まどか>>>IS
ストパンの芳香がお調子乗りで他人をアゴで扱うキャラだったら
2期とか映画化などありえなかっただろう。
ISはその『ありえないこと』をやってしまった。

◆ランキングに参戦しています。よかったら押してください。

関連記事
プロフィール

おーみ#n8oabdto

Author:おーみ#n8oabdto

PSO2 Ship04でプレイ中。
詳細は長くなるので省略。

検索フォーム


PSO2_200x40_応援バナー02 PSO2ブログ巡回屋 ファンタシースターオンライン2・攻略ブログ
月別アーカイブ
4鯖緊急予告
ファンサイトリンク&権利表記

当ブログ内の各オンラインゲームに関する映像・動画の著作権は
以下の運営及び開発社に帰属します。

PSO2_200x200_応援バナー02




・アトランティカ
Copyright © 2008 NEXON Corporation and NEXON Japan Co., Ltd. All Rights Reserved. Copyright © 2008 NDOORS Corporation. All Rights Reserved.

・RF online Z
©1999-2008 CCR Inc. All Rights Reserved.©2008 GameOn Co., Ltd.
All Rights Reserved.

・マビノギ
Developed by devCat Copyright (c) Nexon Corporation and Nexon Japan Co.,Ltd. All rights reserved.

ハイファンタジーMMORPG 『パーフェクト ワールド -完美世界-』
・パーフェクトワールド
Copyright © 2006-2008 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved. © 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED.

・シャイヤ
(C) SONOV / GONZO ROSSO All rights reserved.株式会社ゴンゾロッソ及び株式会社SONOVの著作権を侵害する行為は禁止されています。

・ルーセントハート
(c)2008 Gamania Digital Entertainment Co., Ltd. All Rights Reserved. gamania is a registered trademark of Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.

ツリーカテゴリー